読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医学生の日々

医学生の日々と思ったこと。

一人での最後


今日はいつもと違う感じのをもう一つ。
こういうの暗い感じ?にがてな人は読み飛ばしてください。
あと記事かえたところあるのでそれはご了承を。






結婚していなく
両親に先立たれて
兄弟もいない、人たち


そのような人の話を立て続けに見たのと聞きました。



一人は

見たおじさん。

すごく寂しいと言っていて、

結婚すればよかったという人がいなくもなかったが、

そのときはそういう気分じゃなかったし、
結婚しなかったそうだ。


親には
大切なのは友と金

と言われていたそう



もう一人は

競馬とお酒がすきなおじさん。

結婚もせず、両親もいないから

はやく死にたいと言っていた。

尊厳死協会に登録しています。




そういう人たちが世の中にはたくさんいるのだろうなと思います。


元気なうちはいいけれど、

自分の体を自分で動かせなくなったとき
人の力を借りることになると思います。


自分の体を自分で養える状態の時を
健康
と言います

その年齢を健康寿命といい、
政府は健康寿命をのばそう、と推進しています。

単純に生きている年齢の平均を平均寿命といい
平均寿命と健康寿命の差を縮めることにより

医療費を抑えることになります。




医療が進歩して

動けないけど、生きている、という人が増えて

医療費は増える


それに周りに知り合いがいない


どうすればいいんでしょうね。

これも多様化した、社会のせいでしょうか


それとも自分自身のせいですか



ーーーーーーーーーーーーーーー
初めましての方へ。


↓よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ